*

高齢化社会と言われ介護職が注目されるようになり介護求人も増えていますが、いまだ介護職に対する社会的地位や待遇は見直されていません。介護職へのニーズは高まっているものの労働条件などで、気乗りのしない職業として扱われます。しかし、景気が低迷し働きたくても職にありつけない人もいます。その点ニーズが高まっている介護求人なら、自分に合う条件を探すのも可能です。何よりも世の中に求められている職に就くと言うだけでもやりがいを感じます。賃金の低くさがマイナス面とされますが、自分の行った仕事の対価として納得できる賃金を貰っている人など、そうはいません。介護職でないオフィスワークでもやりがいを感じなければ、高収入を得られない限り満ち足りた仕事とは言えません。そう考えれば、給与が安いと噂されているほど悪い職業ではありません。就業時間が変則的であるケースも多いですが、必ずとは言えません。介護施設などは、24時間動いているわけですから夜勤や週末勤務などもあります。介護に休みはないのですから仕方のない事ではありますが、夜勤が多かったり、休暇が取りにくい職場は辛いと感じるのも当然です。しかし、職場によっては夜勤専従の職員や週末限定で働く人もいるので、あらかじめ勤務条件を確認する事も大切です。今後、ますます介護求人は増えると思います。様々な人が介護職を支えていかなければ、人手不足に陥り悪循環となってしまいます。多くの人手があれば、分担して良い職場環境を作る事もできます。ニーズが高まる事によって改善されるきっかけとなります。